古市製茶について

  • 銀行振込
  • 代金引換
  • クレジット JCB
  • クレジット MasterCard
  • クレジット American Express
  • クレジット VISA
  • クレジット Diners

古市製茶について

昭和23年(1948年)に南九州市川辺町で鹿児島茶の販売をはじめました。その後、契約農家や鹿児島県茶市場より厳選して仕入れた茶葉の製造加工を行う問屋卸業として茶業を発展させてまいりました。
鹿児島県茶市場は日本で一番の取引量を誇り、県内指定買受人24社のみが仕入れることができます。

平成29年4月 ISO 9001取得致しました。

ISO9001証明証

ISO 9001認定証

「ISO 9001」とは、お客様や社会などが企業に求めている品質管理および品質保証に関する仕組みについて「国際標準化機構(ISO)」が定めた、世界共通の認証規格です。
第三者機関による厳しい監査があり、すべての基準に合格した企業のみ認証されます。

更なるお茶の品質向上とお客様の満足向上を目指し、取り組んで参ります。

代表ごあいさつ

代表ごあいさつ

おいしいお茶で家族だんらんのひとときが楽しくなりますように、そんな思いを込めてお茶づくりに励んでおります。おいしいお茶を淹れて家族がほっと和む。お茶は、わたしたちの暮らしの中で昔から親しまれてきました。

古市製茶では、厳選されたおいしい鹿児島茶・知覧茶を安心してお飲みいただけるよう心を込めて製造販売しております。これからも鹿児島はもちろん全国のみなさまにお喜びいただける鹿児島茶・知覧茶をお届けいたします。

代表取締役 古市 昇ニ

創業70年の茶匠 古市製茶

昭和23年に初代 古市 昇が自転車一台でお茶の行商をはじめたのが事業のはじまりです。

当時はお茶の工場は少なく、中々思う様なお茶が出来ず苦労しましたが、結果的に独自で製茶加工したものを販売し、少しずつ事業を拡大してきました。

上質な「鹿児島茶・知覧茶」の美味しさを全国の皆様に味わっていただきたい―
そんな初代の想いを受け継いで、古市製茶の看板を守っております。

古市製茶旧店舗と一代目古市昇

旧店舗と創業者 古市昇

おいしいお茶ができるまで

防虫フィルム

仕上げ機・唐箕

粉と芯に形を整え、きれいにみがきます。

直置きをしません

色別・異物除去機

茎を取り除き、異物を除去する機械に茶葉を通します。

旨みを引き出す焙煎(火入れ)

旨みを引き出す焙煎(火入れ)

直火式回転ドラムと遠赤外線焙煎機により焙煎します。熟練の火入れ師が焙煎をその都度調整し、お茶の持ち味を最大限に引き出します。

真空パックで冷蔵保管

真空パック・冷蔵保存

焙煎後、合組されたお茶はアルミの真空パックに詰め、お茶専用の大型の冷蔵倉庫で大切に保管します。

目視で異物混入を防止

目視で異物混入を防止

袋詰する前に冷蔵倉庫から常温に戻し、目視による異物除去を行います。

後火仕上げ

袋詰め

最後に目視検査した茶葉を袋詰めしていきます。

安全への取り組み

防虫フィルム

防虫フィルム

工場の窓や出入り口は、防虫フィルムで虫の混入を防いでいます。そのため工場内は緑色の光に包まれています。

後火仕上げ

直置きしません

全ての工程において衛生面の配慮から直置きはせず、プラスティック製のパレットの上に置くようにしています。

会社概要

販売事業者 有限会社 古市製茶
運営統括責任者 古市 昇二
所在地

〒897-0222
鹿児島県南九州市川辺町永田1296-1

電話番号 0993-56-0286
FAX番号 0993-56-5702
E-mail satumakaori@furuichiseicha.jp

取引先のご紹介

県外取引・販売先

  • 高島屋
  • タカシマヤ通販販売
  • 西武そごう
  • 三越伊勢丹
  • 博多大丸
  • さつまいもの館 東京店
  • さつまいもの館 大阪店
  • 三菱食品
  • 茶問屋

県内取引・販売先

  • (株)本坊商店
  • JR九州リテール
  • さつまいもの館
  • スーパーセンター
  • サービスエリア
  • お土産品店
  • 病院関係
  • 葬祭関係
  • 老人ホーム

アクセスマップ

ピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。